AGAには遺伝の可能性も否定できない!~遺伝か調べるためには~

薬

AGAは遺伝の可能性はあるのか

テストステロンという男性ホルモンが「5αリダクターゼ」と結びつくと「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化し、毛髪サイクルを短くしてしまいます。5αリダクターゼはもともと頭皮に存在する酵素なのですが、元から量の多い人もいます。家族や親族に薄毛が多いようなら、生まれつき5αリダクターゼの量が多いのかもしれません。

遺伝子検査

AGAになりやすい体質かどうか、遺伝子検査で調査することができます。気になる人はAGA治療専門クリニックで検査を受けてみるといいでしょう。検査といっても、綿棒を使って口腔内の粘膜から細胞を採取する方法と、血液検査で調べる方法があり、数分で終わります。検査結果が出るのは1ヵ月程度経ってからなので、治療を検討するなら先に受けておいてもいいですね。

AGA治療薬を買う前に

AGAにはさまざまな治療薬が用いられていますが、それぞれの特徴などを知ってみましょう。中には処方箋が必要なものもあるので、自分で購入したりする前に見ておくといいですね。

AGAに使われる治療薬

プロペシア

もともとプロペシアは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬と作られたものです。近年では、AGAの症状抑制に効果があることがわかったので、いまではAGAの治療薬としてよく使われるようになりました。しかし、円形脱毛症や放射線治療による脱毛には効果が出ないので、自分の抜け毛の原因を理解しましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは、実は血管の降圧薬として開発されたものでした。しかし、副作用で多毛現象が見られたため、AGAや薄毛治療に使われています。最近は多くの人が効果を実感しているほど、有用治療薬です。しかしAGAに特化した薬ではないので、他のAGA治療薬と併用して使うことも多いです。

アロビックス

アロビックスは服用ではなく、塗布して使う治療薬です。価格が比較的安く、治療に使いやすいのが嬉しいですね。使用する部分が頭皮だけなので、副作用の可能性も少ないのが特徴です。この薬は市販薬としては販売されていないので、病院で処方してもらいましょう。

ザガーロ

ザガーロはAGA治療薬の中でも比較的新しい薬の1つです。有用であると言われている定番の治療薬をも上回る効果が期待でき、薄毛改善に期待できる存在です。小型のカプセル型なので服用しやすいですね。アロビックスと同様、病院で処方してもらう必要があります。

[PR]AGAを福岡で希望
クリニックを簡単に選べる

[PR]植毛を東京で申し込み
自分に合ったところが見つかる

[PR]増毛なら1000本にトライ
信頼して申し込みできる